スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ

まだ数日目ですが警戒しながらも手で渡したひま種とかフルーツ
受け取ってくれてるので一安心です。

まぁ、前の子よりヤンチャで手がかかりそうですが、
そのほうがやりがいもあって良いかと思ってます。

うちの子は♂。
売られてたとき♂二匹ケージに入れられてたんだけど、
もう一匹踏んづけて歩き回ってたぐらいの奴なんでw

まぁ、これから仲良くやっていければと思ってます。
スポンサーサイト

色々悩んで考えて

新しい子をお迎えしました。

前の子が居なくなったのは寂しいけど、寂しさに耐えられないとか
引きこもったりするとかそういうのは無い。

寂しさはあっても、命あるものいつかは別れが来るし
受け入れて感謝して日々仕事も行ってますw

でも、やっぱり居ると、その子のためにも頑張ろうとやる気も
出てくるし、多少の嫌な事ならすぐ吹っ飛ばせるし。
前の子が亡くなって日が経ってないからどうかとか悩んだけど
リスは春先にしか売ってなかったりするから。
前の子は、新しい子お迎えできるようにこの時期選んでたのかも
しれんし。(勝手にいいように解釈してるけど。。。)

だから、新しい子との生活を開始しました。

近所のコーナンで購入w
前の子も同じ所でした。

前の子は3800円(安っw)
今度の子は7980円なりw

今日お迎えしたんやけど、家に帰ってからケージに移しかえる時、
油断して脱走されてしまったw

若もんやから、動きが早い早いw
捕まえるのはなかなか難しいんで、部屋にある物で
バリケードとか作ってケージの入り口に誘導するようにして
何度も何度もチャレンジしてやっとケージに入れることが出来ました。

かなりの時間追い回したから懐いてくれないかも。。。
とか心配してますが、気長にやっていこうと思ってます。

自転車に乗って

今日は自転車でまつってもらってるとこまで
おやつを持って会いに行ってきました。

自転車で30~40分。
思ってたより近かった。

49日までは個別にまつってくれてるから、
週に一回くらいのペースで会いに行こうと思ってます。

雨降るなよぉw

虹の橋

仕事が終わって帰ろうと外に出たら。。。

見た瞬間びっくりした。

ほんとに端から端まで綺麗に見えてた。

虹の橋。。。

うちの子が、
「僕は虹の橋に居るから安心して。だから、元気に頑張ってw」
って言ってるような気がした。

多分、心配して見せてくれたんやわ。

ありがとう^^
心配しなくても、俺も大丈夫やからな。

見送ってきました

今日、うちの子のお葬式してきました。

いきなり読んだ人に誤解の無いように言いますが、
うちのペットのシマリスのことです。

朝、近所のお世話になってた動物病院に
うちの子が亡くなった報告とお礼を言いに。

こないだも見てもらった副院長先生も驚いた様子で来られました。
目は少しずつ良くなってた事、昨日の状況をお知らせしました。

状況から、どこか内臓も悪くなってたのかもということです。
でも、7歳ということもあり、寿命を全うしてくれたんだと
思いますと言ってもらえました。
人間でもお年寄りになると少しのことでも大事になったりするし。

泣くつもりは無かったけど、そのときもやっぱり
泣いてしまいました。

先生に近くの斎場無いかと聞いて、家に帰ってから検討することに。

前日にタウンページとネットで調べてた所と、先生に教えて
もらった市の斎場を比較。

市の斎場は自転車でも頑張ればいけるし値段も安かった。
でも、合同での火葬で火葬日がいつかは決まってないとの事。
そんなの、いつ送ってあげればいいかわからんし、
無いとは思うけど、もしむげに扱われたらとか思うと
お金がかかろうがちゃんと立ち会って送ってあげたいと思いました。

で、もうひとつのペット葬儀屋さんに。
ここも頑張れば自転車で行ける距離、個別火葬でちゃんと
骨も拾ってあげれるところです。
最後は個別でまつってもらえるんだけど、そう再々会いに
いけないし、一人で居ると可愛そうだから、最後は合同のお墓に
他の家庭の皆さんのお子さんと一緒に居させてもらう方法にしました。

お昼過ぎに予約を取り、写真や好きだった食べ物とか、愛用品
持ってきてくださいとのこと。
写真はここにお願いすることも考え、昨日の夜にプリンターで
デジカメの写真を印刷。

一番のお気に入りの食いしんぼの頬袋いっぱいの写真です。

今日仕事休みだった連れに車で送ってもらえることになり、
昼前に出発。

斎場についてからはまず、書類の記入。
持っていった写真をもとに画像処理してもらえ遺影として
作ってもらえます。
うちの子はお花の中でほおばってる写真で、自然の中に
帰っていった感じの写真でした。

斎場の人も毛並みとか凄く綺麗で寝顔も凄い可愛い子だと
ほめて貰えました。
動物は目を閉じてないことが多いそうですが、昨日無くなったときに
目を閉じさせてあげることが出来たんで余計に可愛い寝顔に
見えたんだと思います。

なくなった子の顔にはちゃんと表情が出るそうです。
苦しかった子は苦しかった顔、うれしかった子はうれしかった顔。
うちの子は笑ってるような顔だと言ってもらえ、とても
安心というかうれしかった。

もちろん持っていった写真は皆さん可愛いといってもらえ
鼻高々というかさすが俺の自慢の子やと。

その後は、お別れの部屋で棺に納めてあげ、花や餌、イチゴ
など入れてあげました。
餌とかは旅の途中のお弁当になるんだそうです。
うちの子食いしんぼやからなぁ。
はよ食べちゃうんちゃうかなw

斎場の方いわく、送ってあげるときはありがとう、よく頑張ったね
などちゃんと感謝の言葉を伝えてあげてくださいとのこと。
ごめんとか、ああすればよかったなど後悔の念を伝えると
その子達が心配したり気にしてなかなか旅立てないそうです。

だから、天国への道を一人で行くために背中を押してあげることが
必要だそうです。
ちゃんとまっすぐ行くんやぞ、とか、行っておいでとか。

火葬される前のほんとに最後のお別れのとき、斎場の方の挨拶で
また号泣してしまいました。

うちの子と出会えたのは偶然じゃなく、名前をもらうために
生まれてきたんですとか色々。
最後に感謝と送ってあげる言葉心の中で言ってあげてください。
そう言われ手を合わせて、ほんとありがとうと、頑張って行くんやぞ
と送ってあげました。
泣いていたのと目をつぶって手を合わせていたので、火葬の機械が
閉められるときは見れてません。
でも、棺の蓋を閉めたときにちゃんと見てるから。

それから暫くは火葬のため待合室で休憩。
待合室にはここ最近に葬儀に来たペット君たちの写真と飼い主さんの
コメント書いたアルバムがありました。

リスは居なかったかな、ハムスターとかプレーリードックとか
何匹かいた。
殆どは犬、猫ちゃん。ちらほらセキセイインコなどの鳥ちゃん。
一番最後がうちの子でした。
ありがとうコメントそこにも書きました。

そこの別のファイルに書いてあった詩が。

有名かもしれませんが

----------------------------------------------------------------
             虹の橋


天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。
----------------------------------------------------------------

これを見て、うちの子が楽しくやってくれてると、
いつか見つけて走ってきてくれることが凄くイメージできました。
その時が来るまで俺は頑張っていかねば。

火葬も終わり骨を拾ってあげることに。
やっぱりリスは骨もちっちゃかったです。

色々な所の骨を説明してもらえました。
悪いところは血液が残って黒くなるそうです。
うちの子は腰の辺りが悪かったみたい。
最後に左の後ろ足あまり動かせてなかったのがそうやったんかも。
でも、それ以外殆ど悪そうなところは無かったそうです。
だから、寿命を全うしたんだと思いますよとここでも
言ってもらえました。
嬉しかった。

腰の骨(やったかな?)は今の顔、のど仏は来世の姿を
現してるそうです。
リスとかだと殆ど綺麗に残らない子が多いとの事でしたが、
うちの子は両方とも綺麗に残ってました。
斎場の方も、よく最後まで頑張ってくれましたと。

頭の骨が残ってる子は、頭なでて欲しい甘えたさんだそうです。
頭の骨も崩れたりする子が多い中、うちの子は残ってました。

呼んだら寄ってくるし、ケージに近づいたら寄ってくるし
甘えたさんやったんかな。

骨を拾ってあげて骨壷に収め、49日までまつってもらえる所に。

最後は斎場の人にうちの子をお願いして終了。
今度は49日の合同の法要には参加したいと思ってます。

それまでにも、時間があれば会いにはいきたいと思ってます。

火葬され、骨拾って、そこまで行くと、諦めってわけじゃないけど
もう居ないんだと。
そこで吹っ切れるというか、前向きになれました。
人でもそうですが、やっぱり目の前に生きてたままの姿で居ると
なかなか悲しみばかり募るもんです。

明日からは仕事にも復帰し、今まで以上に頑張らねば。
色々、やってみようと思うこともあるし、天国から怒られんように
やって行きたいと思います。

今までほんとありがとう。
一緒に居た時間ほんと楽しかった。

最後に、うちの子とは直接関係ありませんが、
葬儀に来たペットちゃんにも色々な子が居たそうです。
鯉やイグアナとか。

中には拾ってきてすぐ亡くなった子とか。
そんな子のために葬儀をしてあげる心優しい飼い主さんも
居たそうです。

葬儀まであげろとはいいません。
でも、ペットを飼ってる皆さん、ペットを大切にしてあげて下さい。
捨てたり、虐待したり、そういうのは止めて欲しいと思います。

言葉話せるわけでもなく、一人で生きていけるわけでもなく
ペットは飼い主さんあってのペットです。
皆さんのペットを大事にしてあげてください。

捨てたり、虐待したり。。。
これは人間でも同じことかな。
プロフィール

らいよんかず

Author:らいよんかず
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。